54 Hours to Create a Business Model to Reduce Carbon Emission (STARTUP WEEKEND PARIS) 『二酸化炭素排出を抑えるビジネスを考案せよ』パリの起業家が本気で挑む54時間 (PARIS)

(Please subscribe to our sustainable documentary channel here! こちらからYouTubeのチャンネル登録ができます。)

🔽日本語記事はこちらをクリック🔽

By now we must be familiar with the challenge of climate change. In the quest to combat climate change, it is no longer enough to work with only a limited number of specialists. It is key to bring knowledge from all fields if we are to really tackle the global challenge that is climate change.

Techstars Startup Weekend Paris is a 54-hour event that brings together Parisian designers, developers, entrepreneurs, and experts from all domains to launch new projects and business models.



The first Startup Weekend was launched in July 2007 in Boulder, Colorado by Andrew Hyde. The concept is to bring together approximately 70 entrepreneurs to create a new business model in just 54 hours (from Friday evening to Sunday evening). The model quickly expanded to cities around the world. As of December 2018, Startup Weekend has been organised over 2900 times through 700 cities and 150 countries worldwide and contributed to creating over 23,000 teams.

Events follow the same basic model: anyone is welcome to pitch their startup idea and receive feedback from attendees on Friday evening. About 10 teams form around the top ideas as determined by popular vote. From Saturday morning, they embark on business model creation, designing and market validation. The weekend ends with presentations on Sunday evening to the audience of around 5 local entrepreneurial leaders with another opportunity for critical feedback. Startup Weekend is certified by B-Corp.


On the Friday evening of 26th October, approximately 70 participants gathered at Startup Weekend’s venue in Paris. Startup Weekend Paris has hosted the event series with different topics, including “Zero Waste Paris”, “Civic Tech”, “Agri Tech”, “Women Paris”, “Changemakers”, “for Africa” and a lot more. This time the attendees brought various ideas for the theme “Startup Weekend Zero Carbon Paris”. They needed to pitch the ideas, create a team, develop a business model to address to reduce carbon emissions and deliver a presentation to the audience, and climate as well as entrepreneurship experts.

Per one of the organisers, Charles Sirot, “The participants are from four different backgrounds: climate experts, business developers, designers and engineers. One of our aims is to help connect the people from different fields together and launch a new business.”


Matthew Guidarelli, the former associate director of Harvard Innovation Labs, was one of the mentors in this event.

Matthew Guidarelli says: “No question, climate change is an urgent challenge in our generation. One of the main issues that we face today is that still a lot of people don’t pay much attention to the problem. It’s even worse that the people don’t take any action. I believe that Startup Weekend can spark people to enter to solve problems that have a global impact.”

According to Charles Sirot, “One of the ten projects they are developing now is called “1km”. The business involves a consultant company that works to coordinate with companies how employees can live close to their office; it will also show how much benefit both companies and employees can derive from it. Their aim is to enrich employees’ lives, help provide better performance for companies and reduce carbon emissions through less use of transportation.”

Here you can see the final results and project descriptions of 10 projects at Startup Weekend Zero Carbon Paris 2018:

_______

3rd Place:

Cleanship is an all-in-one green shipping service for e-commerce, from packaging to delivery.

It reduces last mile delivery carbon footprint and e-commerce waste thanks to:

(i) Green shipping methods (such as the use of electric delivery tricycles)

(ii) Reusable sustainable parcels through consignment. 

(iii) Slow delivery algorithm that optimizes delivery based on its CO2 footprint.

Cleanship gives environmental- and ethical-friendly brands the ability to respect their commitment with a packing and shipment method aligned with their values.

2nd Place:

60% of workers are not eligible for teleworking and 25% of employees in multi-site organisations (e.g. Carrefour, McDonalds, post offices, and banks) have a site closer to their home.

“1km à pied” is going to help multi-site companies to be more proactive on internal mobility by identifying which employees could be transferred to a site closer to their homes. Our optimum dispatch algorithm will produce an internal interface that the HR and CSR teams can utilize to implement internal mobility among employees and monitor their energy gains.

– Benefits for the company: Savings on gas expenses, better productivity, better retention, less absenteeism, and the existence of a Mobility Plan.

– Benefits for the employees: Saves time and money, and engenders better health conditions.

– Contribution for climate: 1 million tons of CO2 to be saved in France, better air quality, and less congestion in cities.

1st Place:

Our project “Les Biscornus” wants to recover from producers all wonky and surplus fruits and vegetables (today, destined to the trash) and distribute them directly to consumers via weekly boxes (subscriptions).

Through this process, we have several objectives:

– Producer: promote work, offer an additional and fair income.

– Consumer: offer local, seasonal and quality products in an accessible (delivery to strategic collection points such as the workplace, the nursery …) and more affordable (through disintermediation) manner. At the moment, we are targeting Parisian individuals.

– Ecology: fighting against food waste and contributing to reducing carbon emissions: when a vegetable is thrown away, all the energy used to produce it is wasted (whether aquatic, electric, fossil or human).

(Co-Organiser, Charles Sirot)


(Organisation Team)

___________________________________

Startup Weekend Paris: www.facebook.com/StartupWeekendParis

Filmed, Interviewed, Written & Directed by Akihiro Yasui

____________________________________

Techstars Startup Weekend Parisはパリのデザイナー、エンジニア、起業家、そして各回のテーマの専門家が集まり、新しいビジネスモデルを考案する54時間の週末イベントです。

Startup Weekend20077月にアメリカのコロラドでAndrew Hyde氏が始めたイベントが元になっています。イベントのコンセプトは70名の起業家が集まり、54時間(金曜日の夜から日曜日の夜まで)の間にビジネスモデルを立ち上げるというものです。このイベントは瞬く間に世界中に広がり、2019年1月までに世界150ヶ国700都市で2900回以上開催され、23,000を超えるプロジェクトを生み出してきました。

Startup Weekendの概要はこうです。金曜日の夜に70名程の参加者が集まり顔合わせをします。その回のテーマに合ったビジネスモデルを誰もがプレゼンをすることができ、他の参加者からフィードバックを受けます。参加者は気に入ったビジネスモデルに投票をすることができ、10のアイデア基づいて4人1組のチームが形成されます。

土曜日の午前中からは具体的なビジネスモデルの構成とプロダクトデザイン、市場調査等が行われ、午後には既にその分野で活躍する起業家や専門家が各チームにメンターとして加わり更なるブラッシュアップを行います。日曜日の夜のフィナーレでは、5人のエキスパートからなる審査員とオーディエンスの前でそれぞれのビジネスモデルをプレゼンし、フィードバックを受け順位が決められます。Startup Weekendは環境と経済の両面で持続可能なビジネスモデルに与えられるB-Corp認証を取得しています。


2018年10月26日金曜日の夜にはパリ市内のStartup Weekendの会場におよそ70名が集まりました。Startup Weekend Parisはこれまでに“Zero Waste Paris”, “Civic Tech”, “Agri Tech”, “Women Paris”, “Changemakers”, “for Africa”といったトピックでイベントをホストしてきました。今回参加者がビジネスプランを構成するテーマは”Zero Carbon Paris(パリの二酸化炭素排出量を抑制するビジネスモデル)”です。参加者は現在の二酸化炭素排出量を抑制するビジネスモデルを考えチームを形成し、具体的な事業に落とし込み起業家と気候変動のプロフェッショナルにプレゼンテーションを行います。

Startup Weekend Parisの共同経営者であるCharles Sirot氏は説明します。

『参加者は気候変動の専門家、ビジネス・デベロッパー、デザイナー、エンジニアの4つの分野からエントリーして、1つのチームはそれぞれの分野からの4人で構成されているんだ。Startup Weekendの狙いの一つは、それぞれの分野で活躍する参加者が他の領域のエキスパートと知り合い共同してもらうことさ。』



今回プロフェッショナル・メンターとして各チームのアドバイザーを務めたハーバード・イノベーション・ラボ前共同責任者のMatthew Guidarelli氏は言います。

『私たちの世代において疑いようもなく気候変動は今すぐ取り組まなくてはならない課題だ。一つの大きな問題は、多くの人が気候変動の課題にまだまだ関心を持っていないことさ。「具体的に何の行動にも移せていない」というのはさらに深刻な問題かもしれない。そういった意味でStartup Weekendは、地球規模で影響を与える気候変動に対し関心を向け、さらに具体的なアクションに移す意義があると思うよ。』

Charles Sirot氏:『今回10あるうちの1つのプロジェクトを紹介すると、彼らのビジネスは”1km”というプロジェクトなんだ。彼らのビジネスモデルは「企業の社員がどうしたら会社の近くに住むことができるようになるか」ということを企業と協議するコンサルタント企業だよ。同時に、会社の近くに住んでもらうことが企業と従業員双方にとってどのようなメリットがあるかも提案するんだ。彼らのビジネスの狙いは、1. 通勤時間の短縮による従業員の生活の豊かさの向上、2. 従業員がよりよい生活を送ることによる会社でのパフォーマンスの向上、そして 3. 通勤に車や公共交通機関をなるべく使用しないことによる温室効果ガスの削減さ。』

____________________________________


「起業」は日本ではまだまだ多くの人にとっては簡単に取り組み始められるものではないと思います。Startup Weekendは長期間の起業家育成プログラムとは異なり、低価格で開催される週末イベントだからこそ誰もが参加しやすく、集中的に取り組める環境があると思います。短期間に会社や学校では出会えないような様々なバックグラウンドの方々とネットワークを作れることも大きなメリットです。

今回パリで開催されたStartup Weekendでは「温室効果ガス抑制」がビジネスモデルのトピックでしたが、例えば「Startup Weekend × フードロス / 難民 / 有機農業 / デジタルバンク / サーキュラー・エコノミー / ドローンビジネス」等、色々なテーマでの開催が可能です。「Startup Weekend 東京オリンピック」などもホットな話題でおもしろそうです。

オーガナイズに興味のある方は初めから毎週末のシリーズ化を目指さなくとも、まずは一度自分たちが住んでいる地域でも開催してみてはいかがでしょうか?日本でもすでにいくつかのグループが開催しているようですし、世界に広がるStartup Weekendとのコラボレーションも期待できそうです。

最後に、2018年のStartup Weekend Zero Carbon Parisで上位3位に輝いたプロジェクトの概要です。

3位:Cleanship

Cleanshipはオンライン注文のe-コマースを行う企業に対して梱包から配送まで、地球環境に配慮した持続可能な配送サービスを提供する企業です。Cleanshipは以下のような方法で商品の輸送にかかる環境負荷を最小限に抑えます。

1. トラックの代わりに電動三輪車を活用した輸送方式

2. 再利用可能な梱包資材の活用

3. 「できるだけ早く」ではなく、「できるだけCO2負荷を最小限に抑える」運送方法をオプションで選べるアルゴリズムの提供

Cleanshipのターゲットは環境やエシカルに配慮した企業や消費者で、彼らのサスティナブルなコンセプトに沿った新しい輸送形態のサービスを提供します。

第2位:“1km à pied”

“1km à pied”はマクドナルドのようなチェーン店、郵便局、銀行のように複数の店舗を持つ企業に対し、従業員にとって最適な通勤用輸送手段開設のアドバイスを行うコンサルタント会社です。社員の在宅場所のリサーチとマネージメントの助言を通じ、人事やCSRの部署とともに最適化された通勤手段のアルゴリスムを立ち上げます。

会社へのメリット:社員用通勤バスの最適化によるガソリン代節約 / 通勤時間短縮による社員のパフォーマンス向上 / 離職率の低下 / 欠勤の低下 / 通勤手段の多様化

従業員へのメリット:通勤時間短縮 / 支出削減 / 通勤ストレス軽減

気候変動への寄与:フランス国内だけで約100万トンのCO2削減 / 大気汚染抑制 / 渋滞の緩和

1位:”Les Biscornus”

”Les Biscornus”は、現在廃棄されている規格外や傷ものの農作物を生産者から買い取り、月額課金制で毎週消費者の元に配送をするサービスです。

本事業により以下のような効果が期待されます。

生産者:働きがいの向上 / 収入の増加

消費者:地域農家が生産した季節の新鮮な野菜を定期的に得ることができる。パリ市内の企業や保育施設等、数カ所と提携をし、そのいくつかの場所を農作物の引き受け場所として活用する。他の中間業者やスーパーマーケットを経由しないため、結果的に従来よりも手頃な価格で地域の農作物を購入することができる。

地球環境:「農作物が出荷されず処分される」ということは、水、石油、肥料、電力、人の労働力など、栽培に関わった全てのエネルギーが無駄になるということです。”Les Biscornus”のビジネスでは農地から出るフードロスを減らし、温室効果ガス排出を抑制する効果があります。

(Startup Weekend Paris 共同経営者, Charles Sirot氏)


(Organisation Team)

____________________________________

Startup Weekend Paris: www.facebook.com/StartupWeekendParis

Filmed, Interviewed, Written & Directed by Akihiro Yasui

:: Earthackersコミュニティについて

 

「北海道では最近こんなサーキュラーエコノミーの活動が行われていますよ!」

 

「アムステルダムで先日サスティナブル x ブロックチェーンのイベントが開催されたのでレポートを共有しますね。」

 

「日本で行われているサーキュラーエコノミーの活動をみんなでリストアップしていきませんか?」

 

Earthackersコミュニティではオンライングループ上で様々な情報を共有することで、「社会課題 × ビジネス」の分野の知識のアップデート、コラボレーション、そしてネットワーキングを行なっています。

 

それぞれの土地や文化、風土や気候から今どんな活動が生まれて注目されているのか。

 

国内外のそういった情報を共有し一人一人が日々する協働することで、社会もよりよい方向にアップデートしていくと思います。

 

2019年現在メンバーは80名を超え、北は北海道から南は沖縄、そして海外まで。

 

Earthackersコミュニティをきっかけに、

 

北海道と沖縄のサスティナブル・レストランの経営者が繋がり、

 

ベトナムとネパールでコンポスト・無農薬栽培事業に携わる若者同士が知り合い、

 

イギリスと日本でエシカルファッション分野でビジネスを行う人たちが意見を共有しあっています。

 

国内外で多様な分野で活動するメンバーが参加しているからこそ、刺激的な化学反応が生まれていると思います。

 

他人と情報共有したり交流したりするのが好きな人も苦手な人も、サスティナブルな活動で世の中を良くすることに少しでも興味がありましたらご参加ください。入会も退会もいつでも自由に行なっていただくことができます。年に数回東京での交流会も開催しています。

皆さまのご参加お待ちしています!

安居昭博