PIZZA 4P’S Makes the World Smile for Peace through “Edutainment” 『Edutainment』に世界が注目するベトナムのピザレストランPizza 4P’s (HO CHI MINH CITY)

(Please subscribe to our sustainable documentary channel here! こちらからYouTubeのチャンネル登録ができます。)

🔽日本語記事はこちらをクリック🔽

The moment I stepped outside the airport in Ho Chi Minh City, I felt the thick, sweltering humidity of Vietnam. It’s not only the blazing heat that is peculiar to South East Asia, but also the spirit ablaze in the hearts of the people.

Today, Vietnam is a leader of economic growth amongst South East Asian nations, and boasts of a large, active, young generation. As of 2019, the country’s average age is about 30 years old (Central Intelligence Agency). Although gradually introducing a relatively-free democracy, Vietnam is still a socialistic state, and is often called a “Little China” due to it’s high speed of development.

Bicycles, which famously filled the streets just a few years ago, have been replaced with colorful motorbikes whizzing by, racing through intersections, and squeezing to the front of every traffic light interchange. As major construction projects like railways and high-rise buildings are underway throughout the city, streets are lined with modern and stylish coffee shops; boutiques resembling popular stores in California reside next to old, antique buildings, reminiscent of the 1980s.

Along the road, I found a particular pizza restaurant that is gathering great attention in the country right now. Pizza 4P’s offers the most amazing Neapolitan pizzas that are oven-baked, in an authentic hearth. Opening in 2011, they have been gathering global attention in features by the New York Times, BBC, and Forbes, capturing the hearts of millions with their delicious cuisine. Pizza 4P’s has now opened in 11 locations in throughout Hanoi and Ho Chi Minh City.


(Pizza 4P’s Xuan Thuy)

Pizza with homemade cheese produced in the suburbs of Vietnam, Dalat, flour imported from Italy and organic vegetables provided by local organic farmers has been highly reviewed and praised both home and abroad. They were even ranked as the number 1 restaurant in Vietnam by Trip Advisor at one point. They are known as a restaurant which guests cannot get a reservation, and that people flock to, not only from within the country, but also from all over the world.

However, the reason why Pizza 4P’s is gathering worldwide attention is not only because of their excellent taste, but because of their unique perspective on the dining experience. They often hold workshops on ”Edutainment” (Education + Entertainment) where guests can both learn and be entertained. They find ways to introduce hidden tricks for people to learn new things naturally, without even noticing it. All of this boils down to their core business philosophy, which has remained the same since their foundation: “Make the World Smile for Peace”.

Pizza 4P’s Xuan Thuy, which newly opened in 2019 as the 11th location, are conducting sustainable, eco-friendly, and diversified “Edutainment” programs. These programs range from utilizing aquaponics to grow both fish and vegetables at the same time, a vegetable and herbs garden maintained inside the restaurant, as well as a “food waste zero” with earthworms compost project. I had the pleasure to speak directly with Pizza 4P’s Founder & CEO, Yosuke Masuko and its COO, Sanae Takasugi.

Mr. Masuko: “I had appreciated the concept of “Edutainment” even before I founded the company. We opened a pizza restaurant in Ho Chi Minh in 2011 based on the idea that we will create a place where people can learn something new enjoyably through various experiences.”

Ms. Takasugi: “When we lived in Japan, we made a pizza hearth by ourselves and held a pizza party with some of our friends. Then, we discovered ourselves, like “How fast a pizza can be made” or “How delicious a pizza is if we bake by ourselves”.

Therefore, we opened Pizza 4P’s from the thoughts that the restaurant would not only offer delicious pizza backed in an authentic hearth which was rare those days in Vietnam but also offer a place where guests including kids can discover something new through dining.

In this new location, there is a farm garden inside and guests can experience picking up vegetables to eat there. We are very happy to hear that kids say that they didn’t know how vegetables grow or that they can eat what they pick up themselves even though the vegetable is that they don’t like.”

 

Aquaponics that grow both fish and vegetables at the same time
I interviewed Mr. Yuma Nagata who is in charge of their sustainable business development in Pizza 4P’s:

Mr. Nagata: “We have about 100 boxes of earthworm compost for this restaurant. Earthworms eat about 20kg of food wastes every day and we produce compost in this manner. As the amount of waste produced daily in the restaurant is about 20kg including vegetable skins and leftovers, that means we virtually realized zero-waste.

This restaurant has also introduced aquaponics that grow both fish and vegetables at the same time. Earthworms grown are fed to fish in the pond in front of the restaurant and fish droppings are filtered to take only nutrients to use for vegetables in the farm garden as a fertilizer. In addition, water which was used in the farm garden is recycled and put it back to the fish pond. As vegetables grown here are all used for dishes in the restaurant, we are also creating POPs for them so that guests know which vegetables are used for which dishes.

As for electricity, we’ve introduced solar system which is still rare in Vietnam so that we can cover all the electricity by ourselves. I hope those of our efforts will make guests show some interests in climate change.

We also make sustainable efforts in a factory where we make homemade cheese as well as the restaurant. Whey is a byproduct usually dumped away through the process of making cheese. We succeeded in using it as a fertilizer for organic vegetables after much experimentation with a university, a research institute and a farmer.

These efforts were also introduced for study in Harvard Business School.“

  

Advantages of growing vegetables in the restaurant’s garden

Mr. Nagata: “I think it is more sustainable to grow vegetables and herbs in our own farm garden than to bother to bring them from remote areas by airplane or truck. It makes us provide fresh vegetables which guests know who grew them and where they came from and reduce environmental burden from transportation. Also, vegetables often get damaged during being transported in general, which leads to food loss. Such a loss can be prevented if we grow them in our garden, which is also an advantage.”

Pizza 4P’s efforts that guide Vietnamese future
Mr. Masuko:
“Pizza 4P’s has done away with plastic straws and use stainless ones.

Vietnamese staff, then, asked “why are you shifting to stainless ones?” So, I said, “disposable plastic straws have caused air and sea pollutions of Vietnam and I want to make a change in the current situation.” I think they had showed interests in those issues somewhere in their hearts. They began to actively work with other efforts, too. Of course, it takes more than double efforts and costs, but, even so, I think it’s a good thing we’ve worked on the project.

When we introduced earthworm compost to reduce food loss, we explained “why we did such a thing” or “how we are actually able to do that” to staff of other locations and students who are interested in environmental issues. I think it is important to let people around us get interest and work on such sustainable efforts with everyone by sharing our own efforts.”

Pizza 4P’s Edutainment which starts with “deliciousness”

As Ms. Takasugi mentioned, what ‘Edutainment’ is aiming for is not something obtrusive, but learning by natural recognition. Pizza 4P’s appealing points are foundational deliciousness, graceful ambience, and a level of comfort within the restaurant that touches every guest’s heart. In contrast with the bustling, busy streets outside, once you enter the restaurant, it has a serene, tranquil, and relaxed feeling.

On the website and their social networks, they post pictures of appetizing dishes which appeal to everyone, and messages with a concept that attracts people to actually visit. They also have introduced Vietnamese traditional culture subtly through the interior of their restaurant. Pizza 4P’s is full of elements that let guests naturally show emotional connection to each story the restaurant presents.

The menu is full of uniquely characteristic dishes that incorporate food culture of Japan and Vietnam based on dough of authentic Neapolitan pizza.

Furthermore, their professional mindset to pursue excellent ingredients naturally lead to sustainable activities. Prior to this, there was no culture towards making cheese in Vietnam and people relied heavily on imports from Europe. Mr. Masuko and Ms. Takasugi wondered if they could make home-made cheese, and began acquiring manufacturing methods on their own.

Upon learning how to make cheese, they began visiting Vietnamese dairy farmers and teaching them what they had learned. Mr. Masuko and Ms. Takasugi are now business partners as a supplier of homemade cheese and ship their own brand products not only throughout Vietnam, but now internationally to Cambodia. As a result, they decreased the environmental load that resulted previously in the transportation of products via air from Europe, bringing significant profits to local producers. Furthermore, they have shortened transporting distance by procuring mainly local vegetables as much as possible, which leads to providing fresher food in the restaurant, and a better dinning experience for guests.

Future development which Pizza 4P’s is aiming at

Ms. Takasugi: “We’re moving ahead with the plan to newly establish a cheese factory in the highland called Dalat in the southern central Vietnam. This will be not only a cheese factory but also an Edutainment-type facility which has a dairy farm, a farm garden and a restaurant so that visitors can feel much closer to what they eat and have various experiences.

I think that would great if guests who had already visited our restaurant in the urban area of Ho Chi Minh and thought this pizza was delicious go all the way to the suburban Dalat where cheese is made and vegetables are grown, experience how agriculture and sustainability work in more natural environment and show more interests in natural environment and its affluence.”

Mr. Masuko: “I hope that the world will move to the better direction while people enjoy Edutainment, get more interested in food, agriculture and natural environment, and further spread the circle of sustainable efforts to the world. We will continue to make efforts to realize Pizza 4P’s philosophy ‘Make the World Smile for Peace’.”

Have you heard the concept: “Leapfrogging phenomenon”? This refers to a nation regarded as “a developing country”, taking a leap, regardless of the unestablished infrastructure and systems, and becoming one of the most advanced societies on Earth. Something that may be an impossible risk for a more “advanced country”.

For example, Costa Rica established a renewable energy policy instead of relying on oil resources and more than 98% of national power consumption is already generated by renewable energy in the past 4 years. The country is now gaining attention as the nation closest to a 100% self-sufficient country with renewable energy.

Also, in Nepal, a national project to create a nation 100% organic is being conducted, led by a Japanese instructor of compost skills, Jun Kamoshida.

Vietnam has a peculiar topography which formed characteristic relation between humans and nature. It not only has mountains over 3000 meters above sea level such as Mt. Fansipan, but also faces the South China Sea which is rich in fish and shellfish. In addition, Vietnam has the fertile Mekong watershed where agriculture has been thriving since long ago. Even coffee and cacao are produced in many areas.

I believe the Vietnamese sustainable efforts, including activities of Pizza 4P’s, will lead the world with its passionate heat and dedicated spirit. The formulas “a developing country = a country being developed” and “an advanced country = a country that has advanced” are widely recognized, however, they do not necessarily apply to the field of sustainability. The world is paying attention to the this trend in Vietnam. With places like Pizza 4P’s, and people like Mr. Masuko, Ms. Takasugi, and Mr. Nagata, I am confident the world will continue to watch Vietnam grow.

Pizza 4P’s: pizza4ps.com

Photographed by Pizza 4P’s, Shoko Sato (Ride Media & Design) & Akihiro Yasui
Interviewed, Written & Filmed by Akihiro Yasui

____________________________________

 

ホーチミンの空港を一歩外に出た瞬間から、ベトナムの熱気を感じた。東南アジアならではの肌にまとわりつくような暑さだけでなく、人のスピリットの熱気だ。

ここは現在東南アジア諸国の中でも有数の経済成長率を誇り、国民の平均年齢がおよそ30歳という今非常にエネルギーを感じられる国ベトナム。比較的自由な風土の民主主義文化を年々取り込んでいるとはいえ依然として社会主義国家であり、その発展スピードにもちなんで「リトル・チャイナ」とも呼ばれている。

ほんの数年前まで街中を走っていた自転車は現在バイクに置き換わり、信号が変わる度に途切れる間もなく色とりどりのバイクが駆け抜けていく。街中では至る所で鉄道や高層ビルの大規模建設が進められており、80年代を彷彿させるような古風な建物の隣にはカリフォルニアで人気を集めるようなモダンでおしゃれなコーヒーショップやブティックが並んでいる。

そんなベトナムで現在一際注目を集めているピザレストランがある。Pizza 4P’sだ。本格的なピザ窯で焼かれたナポリ風ピザを提供するお店として2011年にオープンしたPizza 4P’sは、これまでにNew York TimesやBBC、Forbesで取り上げられる程世界的な注目を集め、2019年現在ハノイやホーチミンに11店舗を構えている。

(Pizza 4P’s Xuan Thuy)

ベトナム郊外のダラットで製造する自家製チーズやイタリアから取り寄せる小麦粉、地元の有機栽培農家から提供されるオーガニックの野菜をふんだんに使ったピザは国内外で高く評価され、トリップアドバイザーでベトナムのレストランランキング1位に選ばれたこともあるほど。予約が取れない人気店として知られ、ベトナム国内はもちろん、世界中から客が押し寄せている状況だ。

ただし、Pizza 4P’sがこれほどまでに注目されているのは、抜群のテイストだけが理由ではない。創業以来”Make the World Smile for Peace”を経営理念に掲げ、その一環として”Edutainment (Education + Entertainment)”という誰もが楽しみながら学ぶことができるワークショップの開催や、気づかぬ間に自然と新しい学びが得られるような隠れた仕掛けが取り入れられているのだ。

2019年に11店舗目として新設されたホーチミンの店舗 Pizza 4P’s Xuan Thuy では、魚と野菜を同時に育てるアクアポニックス、店内に配されたファームガーデン、ミミズのコンポストによってフードウェイストをゼロにする取り組みなど、サスティナブルで自然環境に配慮した多様な”Edutainment”の実践が行われている。今回はそのホーチミンの新店舗でPizza 4P’s Founder&CEOの益子陽介氏とCOOの高杉早苗氏に話を伺った。

益子氏『会社を創業する以前から ”Edutainment” という考え方を大切にしていました。体験を通じて何か新しいことを楽しく学んでもらえるような場所ができればと思い、私たちは2011年、ホーチミンにピザレストランをオープンすることにしました。』

高杉氏『日本に住んでいた際、自分たちでピザ窯を作り、そこへ友達を呼んでピザパーティーを開いていたんです。そしたら私たち自身が「ピザってこんなに早く焼けるんだ!」とか「自分たちで焼くとこんなに美味しいんだ!」っていう新しい発見や喜びがあったんです。

なのでPizza 4P’sをオープンした当初も、当時ベトナムでは珍しかった本格的なピザ窯で焼く美味しいピザを提供するレストランとしてだけでなく、食べることを通じてお客さんや子どもたちに何か新しい発見や気づきを持ってもらえる場所を提供できればと思いました。

こちらの新しい店舗ではレストラン内にファームガーデンがあるので、その場で野菜を収穫して食べるという体験ができます。子供たちを中心に「野菜ってこういう風に育つんだ!」や「普段嫌いな野菜でもここで自分で収穫したものは美味しく食べられる!」という声を聞くことができ、とても嬉しいです』

魚と野菜を同時に育てるアクアポニックス

Pizza 4P’sでサスティナブル事業を担当する永田悠馬氏にもお話をうかがった。

永田氏『お店には100箱ぐらいのミミズコンポストがあり、一日に約20kgの生ごみをミミズたちに食べてもらい堆肥にすることができます。このお店から出る生ゴミは10kg程度なので、実質ゼロウェイストを実現しています。

さらにこちらの店舗では、魚と野菜を同時に育てるアクアポニックスを導入しています。育ったミミズは餌としてレストラン正面にある池の魚に与え、その魚のフンは濾過して栄養分だけをファームガーデンの野菜に肥料として利用されます。さらにファームガーデンで使った水は、再び魚の池に戻して循環させています。ここで育てている野菜はすべて料理に使われるので、それぞれの野菜がどの料理に使われているかがわかるようにPOPも用意しています。

電力はまだベトナムでは珍しいソーラーシステムを導入し、レストランの電力を自前で賄う取り組みも行なっています。これにより気候変動という課題に、少しでもお客さんが興味を持ってくれればと考えています。

さらにレストランだけではなく自家製チーズを作る工房でも、サスティナブルな取り組みをしています。チーズを作る過程でホエイという通常は捨てられる副産物がでるのですが、それを大学の研究機関や農家と実験を重ね、有機野菜作りの肥料として使用することに成功しました。

これらの取り組みは、ハーバードビジネススクールの研究題材としても取り上げてもらいました。』

参照:永田悠馬『Pizza 4P’sが太陽光発電システムを導入した3つの理由。レストランとしてのサステナビリティについて

Pizza 4P’s Xuan Thuy店に太陽光発電システムを導入しました。

店内のファームガーデンで野菜を育てるメリット

永田氏『わざわざ遠くの地域から飛行機やトラックで運んでくるよりも、自分たちのファームガーデンでこうして野菜やハーブを育てる方が、かなりサスティナブルだと思います。お客さんに「誰が」「どこで」作ったのかが分かる新鮮な野菜を提供できますし、輸送にかかっている環境への負荷もなくすことができます。また一般的に輸送中に傷んでしまったり、フードロスになってしまう野菜も多いのですが、そういったロスをなくすことができるのもメリットだと思います。』

ベトナムの未来を導くPizza 4P’sの取り組み

益子氏『現在Pizza 4P’sではプラスチック製のストローを廃止し、ステンレス製のものを使用しています。その際にベトナム人スタッフたちに「どうしてステンレス製のものに切り替えるのか」と尋ねられたんです。僕が「使い捨てのプラスチック製ストローは、ベトナムの大気汚染や海を汚すことに繋がってしまうからだよ。」と理由を話すと、彼らも心のどこかでこの問題に関心を持っていたようで、それからはストロー以外の取り組みでも、積極的に協力してくれるようになりました。もちろん手間やコストは倍以上掛かってしまうのですが、それ以上に取り組んで良かったと思っています。

また、フードロスを抑えるためにミミズコンポストを導入する際にも、導入店舗以外の社員や共感してくれている環境問題に興味のある学生たちにも声をかけて、「どうしてこのようなことを行うのか」「どのようにしたら実践できるのか」という説明をしました。こうして自分たちの取り組みを共有することで、周辺の人たちにも興味を持ってもらい、みんなでサスティナブルな活動をしていくことが重要だと考えています。

「美味しさ」からスタートするPizza 4P’sのEdutainment

高杉氏が「Edutainmentが目指すのは押しつけがましいものではなく、自然な気づきによる学び」と語るように、Pizza 4P’sの魅力はまずどんな人々の心にも響くような抜群の美味しさであり、品格あるレストランの雰囲気、居心地のよさである。店内に一歩入るとにぎやかな街中とは対照的で、落ち着いた心地のよい空間となっている。

WebサイトやSNSも誰もがふと目を留めたくなるような食欲をそそる写真や、実際に訪れてみたくなるようなコンセプトのメッセージが掲げられている。店内の内装もベトナムの伝統的な文化をさり気なく取り入れるようにしているそうだ。Pizza 4P’sにはそういったそれぞれのストーリーに自然と愛着を沸かせ、優しい感情にさせてくれる要素がちりばめられている。

メニューの一つ一つにも、本場のナポリピッツァの生地をベースに日本やベトナムのフードカルチャーを取り入れたここでしか味わえない個性的な料理が並ぶ。

また素材へのこだわりが自然とサスティナブルな活動にも結びついている。元々ベトナムにチーズを作る文化はなく、欧米からの輸入に頼っていた。益子氏と高杉氏はベトナムでは例がなかった国産チーズができないかと考え、まず自分たちでチーズの製造方法を身につけるところからスタートをしたのだ。

それからベトナムの酪農家の元を訪れて作り方を教え、現在では自家製チーズのサプライヤーとしてビジネスパートナーとなっており、自社ブランド商品をベトナム国内はもとよりカンボジアへも輸出している。結果として、ヨーロッパからの飛行機輸送にかかっていた環境への負荷をなくし、地元の生産者の利益をも生み出している。また、できるだけ地元の野菜を中心に調達することで輸送距離を短縮し、より新鮮なものをレストランで提供することにも繋がっている。

Pizza 4P’sが目指す今後の展開

高杉氏『現在、ベトナム中南部のダラットという高原にチーズ工房を新設しようと計画を進めています。こちらは単なるチーズ工房ではなく、酪農場やファームガーデン、レストランを併設し、訪れたお客さんが自分たちが食べるものをもっともっと身近に感じ、さまざまな体験をしてもらえるようなEdutainment型の施設となります。

都市部のホーチミンの店舗で「このピザ美味しい!」と思ってくれたお客さんが、自家製チーズや野菜を作っている郊外のダラットまで足を運んでくれて、より自然の中で農の営みやサスティナビリティを体験し、もっと自然環境やその豊かさに興味を持ってもらえたら素敵だなと思っています。』

益子氏『Pizza 4P’sの活動を通じて、人々がEdutainmentを楽しみ、食や農業、自然環境のことにもっと深く興味を持ち、サスティナブルな取り組みの輪がもっと世界中に広まることで、世界が少しでも良い方向に向かえば嬉しいです。これからもPizza 4P’sのフィロソフィー “Make the World Smile for Peace”の実現に向けて頑張っていきたいと思います。』

「リープフロッグ現象」という言葉はご存知だろうか。従来「発展途上国」と見なされていた国々が、インフラや制度が整っていないことを逆手に、いわゆる「先進国」でも到達できていないような最先端の社会に一気に進んでしまうことを意味する。

例えば、コスタリカでは石油資源に頼らないエネルギー政策が進められ、既に最近4年間連続で国内消費電力の98%以上が再生可能エネルギーで発電され、「100%再生可能エネルギーでの自給に世界一近い国」として注目を集めている。また、ネパールでは日本人堆肥技術指導者の鴨志田純氏が中心となり、国家プロジェクトでオーガニック率100%に向けた国づくりが行われている。

ベトナムには独特の地形と、そこから生み出される特有の人間と自然との関わり合いがある。ファンシーパン山を代表とする標高3000m級の山々もあれば魚介類の豊富な南シナ海にも面している。古来農業が盛んな肥沃なメコン川流域を有し、現在はコーヒーやカカオの生産も各地で行われている。

Pizza 4P’sの活動を始めとするベトナムのサスティナブルな取り組みは、その独特な熱気やエネルギーも作用して今後世界をリードしていく可能性が感じられた。現在広く認識されている「発展途上国=発展が途上である」、「先進国=先に進んでいる」という枠組みは少なくともサスティナビリティの分野では当てはまらないだろう。ベトナムの動向に今世界が注目している。

Pizza 4P’s: pizza4ps.com

Photographed by Pizza 4P’s, Shoko Sato (Ride Media & Design) & Akihiro Yasui
Interviewed, Written & Filmed by Akihiro Yasui

:: Earthackersコミュニティについて

 

「北海道では最近こんなサーキュラーエコノミーの活動が行われていますよ!」

 

「アムステルダムで先日サスティナブル x ブロックチェーンのイベントが開催されたのでレポートを共有しますね。」

 

「日本で行われているサーキュラーエコノミーの活動をみんなでリストアップしていきませんか?」

 

Earthackersコミュニティではオンライングループ上で様々な情報を共有することで、「社会課題 × ビジネス」の分野の知識のアップデート、コラボレーション、そしてネットワーキングを行なっています。

 

それぞれの土地や文化、風土や気候から今どんな活動が生まれて注目されているのか。

 

国内外のそういった情報を共有し一人一人が日々する協働することで、社会もよりよい方向にアップデートしていくと思います。

 

2019年現在メンバーは80名を超え、北は北海道から南は沖縄、そして海外まで。

 

Earthackersコミュニティをきっかけに、

 

北海道と沖縄のサスティナブル・レストランの経営者が繋がり、

 

ベトナムとネパールでコンポスト・無農薬栽培事業に携わる若者同士が知り合い、

 

イギリスと日本でエシカルファッション分野でビジネスを行う人たちが意見を共有しあっています。

 

国内外で多様な分野で活動するメンバーが参加しているからこそ、刺激的な化学反応が生まれていると思います。

 

他人と情報共有したり交流したりするのが好きな人も苦手な人も、サスティナブルな活動で世の中を良くすることに少しでも興味がありましたらご参加ください。入会も退会もいつでも自由に行なっていただくことができます。年に数回東京での交流会も開催しています。

皆さまのご参加お待ちしています!

安居昭博